2008年11月19日

1000個目の記事がこんな固い話だなんて。(by ハラちゃん)

 はい、どうも。いやあ、ね!簿記は無理。ハラちゃんです。
 日曜日に受けてきたんですけども、普通に勉強不足だったため、どう奇跡が起きたとしても落ちたくさいです。
 まあ、次の2月で本気だす、ってことでどうか。

 最近のネットで騒がれていることと言えば、やはり「国籍法改正」でしょうね。
 内容は一言で言うと、「日本人の父親の認知さえあれば、19歳11か月の子どもは誰でも日本人の国籍が持てるよ!」というもの。
 まあ、ハーフの子どもたちを救うために改正せにゃならん、というのはあるんですけども、一番この法案で痛いのは「届けさえすりゃあ大丈夫」ってとこなんですよね。要するに、DNA鑑定とかそういう審査まったくなし。こりゃあ、アジアの人たち大喜びだ。
 ちなみに、若干似たようなことを10年くらい前にドイツがやっていました。その名は「ドイツ移民法」。
 今回の日本の例とはちょっと違って、「永住意思のある外国人が自国で産んだ子どもに、外国人の国籍とともにドイツの国籍も与える」というもの。今回の日本の国籍法改正と同様で、ドイツ移民法も審議当初は「二重国籍」を認める形だったんですが、野党の反対やドイツ人の署名活動もあり、「23歳までにどちらかの国籍に決めること」という修正を施さざるを得なくなりました。
 しかし、今回は野党も全くといっていいほど動きも見せず、ニュース見ても大麻とか小室哲也話ばっかで特に国民には知らされず。
 ああ、もう日本終わったな、と思っていたところ、 審議する数日前になってやっと反対派となる議員たちが立ち上がったみたいですね。ですが、村田吉隆国対筆頭副委員長さんいわく、「自民党として党内手続きで了承している。(反対論は)トゥー・レイト(遅すぎる)だ」とのこと。なんか福本伸行先生の漫画っぽいセリフ。
 あと、ネット上での署名集めも加熱して、今では25,163名もの人が署名してるみたいですけども、その署名のリストをうっかりFAXで送っちゃったせいで、反対派の議員さんまでとばっちりを食らったりして非常に面白い状況です。
 まあ、メールで送っても見てもらえないから、っていう事情もあるからなんですが、せめて送る係の人とかきちんと決めた方がいいと思います。みんながみんな送ったら、そりゃあ誰だっていやがらせと思いますよね。しかも、とある国会議員さんに至っては送られてきた署名FAXについて「紙の無駄」と発言。署名全く意味がない。

 ちなみに、この件について友達と昨日話したんですけども、やっぱ売春とか人身売買が心配だ、あと内戦起きるかもね、といった結論に落ち着きました。
 あと、チベットみたいな感じになる可能性もあるので非常に恐ろしいですね。中国人も韓国人も押し寄せてきたら、日本、どうしようもなくなる気がします。
 それと個人的な疑問なんですけども、ネットでの署名集めって効力あるんでしょうかね?成果報告を見る限りでは、一部には成功した例があるみたいなんですけども・・・
タグ:国籍法


banner2.gif

ブログランキングです。

本サイトをお気に入りになりましたら、クリックをお願いします。




posted by BAA at 17:18 | 鹿児島 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とられた!

というわけで僕は25日に更新して 右上のカレンダーBINGOしてやります
Posted by えす。 at 2008年11月20日 11:19
何日も放置しといてとられたはないでしょうにw
それじゃあ、僕は31日に・・・、ハッ!?な、ない!?
Posted by ハラちゃん at 2008年11月21日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109899859

この記事へのトラックバック

国籍法改正 親子の確認厳格化!?
Excerpt: 森法務大臣は、国籍法が改正されれば、結婚していない日 本人の父親と外国人の母親の間に生まれた子どもに日本国 籍を取らせるため、父親でない男性が虚偽の認知をする事 件が起きるおそれもあるとして、親子の確..
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-11-28 18:31
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。