2012年04月01日

漫画レビュー「うさぎドロップ」(by ハラちゃん)


 はい、どうも。2012年を機に新たな新境地を目指します、ハラちゃんです。

 これまでこのブログでは、様々なニュースやゲームをネタにどうしようもない文章を発信して参りましたが、今回「せっかく漫画を読みまくってるんだから、漫画レビューとか始めたらいいんじゃないの?」という幻聴を聞いてやる気が出たため、実際にやってみることにしました。

 漫画レビューはもう連載として1ヶ月に1回ペースで書いていければな、と思います。

 文章を書くこと自体が非常に久しぶりなので日本語的にもつたないところがあると思いますが、生暖かい目で見て戴ければ幸いです。


 さて、第1回の漫画レビューでレビューするのは「うさぎドロップ」(江田島ゆみ
/民明書房刊)。

 見た目はちっこい小動物系だけど、下半身のバネが強くて力持ちな少女「投田うさぎ」が得意技のバックドロップを武器に活躍していく熱血スポ根女子プロレス漫画です。

 自分よりも格段に体の大きい相手の猛攻に耐えて耐えて耐えまくりながら素早い動きで懐に潜り込み、豪快にバックドロップを決めて勝利する様子が痛快でただただ熱い

 耐久力とパワーがピカイチな巨躯を持つライバル「力石亀」との因縁、そして試合を重ねていく内に結ばれていく友情。

 終盤のうさぎと亀がタッグを組み、世界タッグマッチチャンピオンに挑むくだりは涙なしでは見られなかったです。

 全体的なストーリーとしても、うさぎの最初の試合相手であり、圧倒的な実力差を見せつけられて敗北した亀が、連戦連勝であったうさぎの連勝記録を止める、みたいな王道だけどちょっと外したストーリーが個人的なツボにはまって仕方が無いですね。非常にオススメです。


 自分でストーリーを妄想しておいてアレなんですがすごく読みたくなってきたので、
 誰かこういう感じの漫画知ってたら教えてください。すごく読みたい。
 あと、「
2012年を機に新たな新境地を目指します」あたりから全部嘘なので第2回とか無いです。


banner2.gif

ブログランキングです。

本サイトをお気に入りになりましたら、クリックをお願いします。




posted by BAA at 19:04 | 鹿児島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。