2013年04月11日

最近買ったAndroidゲームアプリと、バーチャルゲームパッドに関する感想(by ハラちゃん)

どうも、スマートフォンでゲームをするのにハマりつつあるハラちゃんです。
スマートフォンでのゲームはどこでも出来るのが、いつでも堕落できる感じでいいですね!
そこで最近買ったAndroidゲームアプリの紹介と、それをプレイした時に感じたバーチャルゲームパッドに対する感想を書いてみたいと思います。
バーチャルゲームパッドとは、スマートフォンの画面上にゲームコントローラを模した画像を表示して、十字キーの画像の上で指を動かすとその通りに動いてくれるっていうアレですアレ!

それじゃ、まずは買ったゲームアプリの紹介から。
(価格は購入当時の価格のため、リンクから購入する際は要注意)


メタルスラッグ2(350円)
4人の兵士から1人選んでモーデン軍と戦うアクションシューティング。美しいドット絵と破壊衝動を完全に満たす爽快感溢れるゲームプレイが魅力。


メタルスラッグ2のリメイク作。前作からのステージを多々変更を行い、また新しい武器や敵キャラを追加。より楽しいゲームプレイを提供した。


シリーズ4作目にして最高傑作と名高い。より高くなった演出力、多彩すぎるほどバリエーションのあるルートと、やり込み要素たくさん。
(注 GREE版は機種によってはバーチャルパッドが出ない不具合がある模様。対象機種でもHumble Dumbleで販売していたバージョンであれば普通にプレイ可能。

コナミが発売したベルトスクロールアクションゲーム。X-MENがマグニートー率いる敵達を蹴る殴るで倒していく。難易度は高いがうまく敵を誘導して倒したときの爽快感は高い。


テクノスジャパン発売のベルトスクロールアクションゲームをリメイクした物。初代ダブルドラゴンとは似ても似つかぬゲーム性だが、1周クリアする毎にボスキャラや雑魚キャラが使用可能になっていくのが楽しい。


SNKプレイモア製作の有名対戦格闘ゲームシリーズの移植。キャラや操作ボタンは少ないながらもKOFならではの操作が再現できている。


東亜プランが発売した固定画面アクションゲームをリメイクしたもの。敵を雪玉にして転がし壁にぶつけることによって倒していく。敵を半端に凍らせ動きを止めながら、面の頂上から雪玉を転がしまとめて敵を倒した時の快感がたまらない。




それじゃ次は、バーチャルゲームパッドに関する感想、というか考察。



スマートフォンのゲームにおけるバーチャルパッド操作の利点・欠点に関する考察

利点
・ゲーム機でやるようなゲームを製作・移植する際に手軽

欠点
・斜め入力を正確に操作するのが難しい。
 この関係で、シューティングゲームは致命的までにバーチャルパッドに向かない。
 メタルスラッグシリーズにおいては「しゃがみ移動」「上を向きながらの移動」に使うため、低次面ではそこまで問題視されない。
 ベルトアクションゲームにおいては右に移動するつもりが意図せず斜め移動になりミスする原因となる。
 対戦格闘ゲームにおいては(個人的には)ジャンプ操作が難しい印象。必殺コマンド入力自体は案外出来る。
 スノーブラザーズは斜め入力自体必要が無い。

・プレイ画面が指で隠れてしまう。
 画面全体を把握しないとろくにプレイできないゲームには向かない。
 この関係で、例によってシューティングゲームは致命的なまでにバーチャルパッドに向かない。
 メタルスラッグシリーズも画面全体を把握しないといけないゲームだが、「ウィンドウモード」を選ぶことによりゲーム画面を小さくする代わり、バーチャルパッドをゲーム画面外に置くシステムが用意されている。
 ベルトアクションゲームにおいては、敵を誘導し一箇所に固めて殴るという戦法を徹底するならば問題は無い。画面端でのアクションが厳しいか。
 対戦格闘ゲームにおいては、キャラクターを大きく表示することにより対処している様子。
 スノーブラザーズは縦持ちが基本となっており、初期の段階でバーチャルパッドがゲーム画面外に配置されている。
 
・ボタンの同時押し操作が難しい
 メタルスラッグシリーズではメタスラアタック(乗り物乗車時の特攻)が非常に出しづらい。
 ベルトアクションゲームにおいては、今回プレイしたアプリでは使用しなかったものの、メガクラッシュを搭載しているカプコンゲームが移植される場合には別ボタンで用意する配慮が必要。
 対戦格闘ゲームにおいては、別ボタンをあらかじめ用意し配慮されている。
 スノーブラザーズは同時押しを使わないといけないアクションが存在しない。

・ボタンを増やしすぎたりボタン配置を誤ると誤操作が多発しユーザの心が折れる
 メタルスラッグシリーズにおいては、キーコンフィグでボタン配置を自由に変更できるようになっており、また元々1軸3ボタンのゲームなので問題は無い。
 ベルトアクションゲームにおいては、大体1軸2〜4ボタンで操作は完結する物の、ボタン配置の関係でいらぬ場所でいらぬ操作を行い残念な気持ちになってしまうことが多々ある。
 対戦格闘ゲームにおいては、4ボタンなものの特に頻繁に使うのは2ボタンであるため、意外と快適にプレイ可能。
 スノーブラザーズにおいては、昔懐かしファミコン配置なので違和感全く無し。






banner2.gif

ブログランキングです。

本サイトをお気に入りになりましたら、クリックをお願いします。




posted by BAA at 22:43 | 鹿児島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | デンマンチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354953728

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。