2013年10月08日

平成生まれのファミコントーク #5 バギー・ポッパー

バギー・ポッパー
メーカー:データイースト
発売日:1986年10月8日
ジャンル:アクション






(前回の記事はこちら)
2000年前後というのはたくさんの名のあるメーカーが潰れていった時期であり、#2で紹介した「怒」のアーケード版を作ったSNKと同じように、データイーストという会社も2003年に自己破産を行っている。
SNKはアミューズメント事業や新ハードの失敗(ハイパーネオジオ64で無理して3Dゲームばかり作ったのが問題だったと思うよ)で潰れたのだが、データイーストの場合は椎茸販売やガスマスクなどゲームやアミューズメントとは関係無い方向に手を出して事業失敗に追い込まれたのが印象深い。
製作したゲーム自体も自社広告に「ヘンなゲームならまかせとけ!」と書いてしまうほど独自の個性があるのだが、その中でも熱狂的なファンの多い「メタルマックス」シリーズや「探偵 神宮寺三郎」シリーズ、そして「マジカルドロップ」シリーズなどはタイトルを聞いたり、遊んだりしたことがある人は多いのでは無いだろうか。


buggypopper01.jpg


さて、今回紹介する「バギー・ポッパー」は、発売前年にアーケードで稼働した「バーニンラバー」の移植作となる。
アレンジ移植されるにあたって、「彼女がブラック団に攫われたので助けに行く」というストーリーと、パワーエネルギーという概念が追加された。
ゲーム内容としては、道路を上から見下ろす形のアクションレースゲームとなる。
様々な車が走る道路を走っていき、無事ゴールまでたどり着けばクリアだが、そう簡単にはゴールさせてはくれないのがこのゲームだ。


buggypopper03.jpg


ブラック団が横から体当たりして道路外に衝突させようとしてくるし、トラックやミキサー車が土砂やコンクリートを落としてくる。それに触れるとクラッシュだ。
でも主人公が乗るバギー・ポッパーには特殊機能があり、時速150kmを超えた状態でAボタンを押すとジャンプすることが出来る。
ブラック団の車に体当たりして道路外に衝突させたり、ジャンプして踏みつぶしたりしてしまえば、ゴールはすぐそこだ。
また、時折道路が寸断されている場所(酷道どころの話ではない)や細くなっているところがあるので、スピードコントロールやジャンプを使って上手く乗り切らなければならない。
そういう場所の近くでは「危」マークと危険を知らせる音がなるので身構えよう。


buggypopper05.jpg


ただし、パワーエネルギーが無いとジャンプすることが出来ないので、時折出現するエネルギー回復アイテムはきちんととっていかなければならない。

ゲーム的には非常に単純であるけども、至る所にボーナス点が用意されてるだけあって点数稼ぎが熱いゲームである。
たとえば1面の道路が寸断されている海には小島がある。
ジャンプのタイミングとスピード調節を行って上手くそこに着地できればボーナス点が貰えるのだ。


buggypopper07.jpg


もちろん着地地点の調整に失敗して海に落ちてしまったり、着地した後にまたジャンプするだけの助走ができなければミスとなる。



buggypopper06.jpg


ハイリスクハイリターンではあるが、ボーナス点がとれるようになればなるほど上達感が得られるため、プレイのモチベーションになる。
また、ゴールラインの先にもマークがあり、そこにうまく着地するとこれまたボーナス点が貰える。
そしてこれまで倒した敵の数に応じてボーナス点が計算される。


buggypopper09.jpg


だが、実はステージ中一台も倒さないとなんと5万点も貰えてしまうのだ。
点数稼ぎにもかなり意味があるゲームで、点数を稼げば稼ぐほど残機が増えていく。
ボーナス点をとることこそ全面クリアへの近道にもなる、というわけだ。

何より、敵に衝突したりジャンプしたりして倒すこと自体が、素直な操作感も相まって気持ちいいので何回でもプレイしてしまう良作だ。
ちょっとした時間で出来る気分転換としてはかなり優れているゲームだろう。
ただ、エリア数は結構多めなので、ハマりすぎて気分転換であるのを忘れぬよう気をつけること。

このバギー・ポッパーは、ファミコン版の他、月額会員制サイト「ProjectEGG」でもWindows版が販売されている(今回のゲーム画面がやたらとくっきりしているのはそのせいだ)。
ProjectEGGには他にも様々なファミコンソフトがWindowsに移植されて販売されているので、興味のある人は見てみるといいだろう。


(次回はシュシュッと参上!忍者でござる!乞うご期待!)


banner2.gif

ブログランキングです。

本サイトをお気に入りになりましたら、クリックをお願いします。




posted by BAA at 12:56 | 鹿児島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 平成生まれのファミコントーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376928627

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。