2008年01月02日

安いリサイクルショップばかりに行ってるので感覚が狂ってるのかも。(by ハラちゃん)

はい、どうも。ここ最近に出来たリサイクルショップは得てして値段設定がおかしい、ハラちゃんです。
私はよくリサイクルショップに足を運ぶ、というか持っているゲームのほとんどがリサイクルショップから購入したものばかりでイヤーンな感じだったりします。
そのため、当サイトではたまに「漫遊書店」などのリサイクルショップを紹介、その店に関する感想などを書いていました。
「漫遊書店」を紹介するときと同じノリで、「こんなリサイクルショップがあったよー」というノリで、鹿児島市にある「買物くん」というリサイクルショップを紹介しました。
その結果、「買物くん」という検索ワードで当サイトに訪れる方が急増、今では当サイトのアクセス数の7割程度が「買物くん」という忌まわしき検索ワードで埋め尽くされている、という状況になっています。数ヶ月前の情報なのに、よくこんな人来るな、と思ってしまいます。
もういっそのこと「今日の買物くんコーナー♪」と題して、メインコンテンツにしてもいいんじゃないかなと一瞬思いましたが、脳内審議の結果3対4の僅差で否決となりましたので、今回は「フォーエバー買物くん 〜グッバイもう二度と君の事は取り上げたりとかしないよスペシャル〜」と題しまして、昨日行った「買物くん」に対する感想を書いていきたいと思います。
とは言っても、「買物くん」のことをご存知でない方もいらっしゃると思いますので、買物くんについての説明から始めます。
「買物くん」(かいぶつくん)は、鹿児島市の産業道路沿いにある、黒っぽい色が目印のリサイクルショップです。
おもちゃ・ゲーム・DVD・CDはもちろんのこと、衣類や釣り具までもが置かれています。・・・そして、前回紹介したときには無かったコーナーがいつの間にか追加されていました。このようなリサイクルショップには欠かせない「本」コーナーです。
これで、「遊び」を重視したリサイクルショップとしてはほぼ完璧な布陣となった買物くん。これから、詳しく紹介していきたいと思います。

まず、店内に入ったときの印象から。前回紹介した際に見た光景とはうって変わり、比較的大人しくなった感が漂います。
前回は、視線をひとたび上げれば目に付くのはテレビで流される仮面ライダーとヤッターマン、もちろん音量は爆音ネ♪、と言ったカオス具合でしたが、今回は「ヤッター!ヤッタ!ヤッターマーン!」という声も聞こえず、普通の大きいお友達が通うリサイクルショップチックな風景となっています。普通か?
ちょっと奥を見ると仮面ライダーを放映しているっぽいテレビがチラっと見えましたが、無視することにします。
さらに進むと、おなじみゲームを販売しているコーナー。「ゲームセンターCX」をプッシュしているようで、「ゲームセンターCX」を放映しているテレビ、その横にはDVD、さらにその横にはファミコン版の魔界村が1980円!、といった感じでした。
ですが、鹿児島県で「ゲームセンターCX」を放送しているか、といわれると頭をかしげざるを得なく、最悪ゲームセンターCXについて「よゐこの地味な方がゲームで遊ぶだけの番組」という印象をもたれないか不安でなりませんが、その印象でも非常に的確な気もしますのでまあいいや、と思いました。
ファミコン版の魔界村は相場が分からないので何ともいえませんが、微妙に手が出しづらい金額です。(調べたら相場よりちょっと高い程度でした)
さらに奥に入りPS1ゲームのコーナーを見てみますと、前回『高くするべきものは高く!安くするべきものは安く!理想的な値段設定!』とベタぼめしていてなんですが、全体的にゆっくりと見てみると微妙に高く感じました。『有名な作品なら2000円以内で買えるかも!』って、どれもがその値段だったら高えよ。
ですが、普通なら1500円くらいで売っていそうなゲームが500円くらいで売っていたりと、なんか思っていたより値段がデタラメなような気もするので、安いものをゲットしたい方などは時間があるときにゆっくり吟味してみると面白いかもしれません。鹿児島県内のこの手のリサイクルショップでは珍しく、「MEGA-CD」や「SUPER CD-ROM2」もあることですしね!
ものすごく狭い層にアピールすると、私は買物くんに来るたびに前述した「SUPER CD-ROM2」(PCエンジンというゲーム機で動くCDソフト)を買ったりすることが多いのですが、今回「天外やりたいなー」と思いながら適当に棚を漁っていたら、「ハイレグファンタジー」(9800円)を発見してすごく興奮してしまいました。こんなブツがあるから買物くんはあなどれません。
「ハイレグファンタジー」とは、当サイトで何回も私が言及している「SM調教師瞳」シリーズの発売元の「西部企画」と並ぶ、2大非公式ゲームの製作会社であるところの「ハッカー・インターナショナル」の関連会社が発売したゲームで、最終目標が「レズの魔法使いをヒイヒイ言わせること」というアレなRPGゲームです。生きているうちに現物をみることになるとは思わなかったので非常に興奮したのとともに、「(おそらく)鹿児島県内にこのゲームを持っていた人がいた」という事実に恥ずかしい思いを隠せません。
あと、日本史の先生に「どこにあるか調べてくれ」と頼まれた(実は先日投稿したゲームレビューもこの方がきっかけ)「東方見文録」(箱つき・取説不明)も5800円という非常にリーズナブルな価格(というより相場通り?)で見つけたので興奮しました。何気なくプレミアが付いてるゲームが多いのもこの店の特徴です。
ちなみに、前回紹介した当時はスーパーファミコンの「機動戦士Gガンダム」と、ファミコンの「魔界村」が置いてあった試遊台ですが、今回見たらファミコンが撤去されて、スーパーファミコンでドラゴンボールのRPG版が動いてました。どう考えても試遊向きじゃないと思います。

・・・っと、想像以上に文章が長くなってしまったようです。
一気にまくしたてると書く方も読む方も疲れますので、前編・後編に分けて「フォーエバー買物くん」をお送りしたいと思います。
後編では、ゲーム以外の店内の様子について、お伝えしたいと思います。それでは、次の投稿、いつになるか分かりませんがのんびりとお待ちくださいませ。


banner2.gif

ブログランキングです。

本サイトをお気に入りになりましたら、クリックをお願いします。




posted by BAA at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も買物くんに時々、行きます。お目当ては、仮面ライダー関連。ありふれた商品ばかりで珍しい物や欲しい商品は、ありません。買取にライダーマスクコレクションを持っていきましたが、レア、ノーマル関係なく、一律一個40円でした。もちろん断りました。近所のガチャポン堂RSがいいですね。買取評価も高いですし、新製品・中古が揃っていて、種類が豊富。これは、あくまでも私個人の意見であります。
Posted by かかし at 2009年11月21日 22:22
どもどもー。コメントありがとうございます!
仮面ライダーのグッズについてはあまり詳しくないのですが、そこまでいいの無いんですねー!初めて知りました。

確かに物が多い分、買取は結構足元見そうな感じがします。>買物くん
ガチャポン堂RSはフィギュアやら特撮グッズの専門店のようなものなので、客もお店も価値が分かってる分高く買ってくれるんでしょうねー。

ガチャポン堂RSは一旦店に入るとなかなか抜け出せないので困りますw
Posted by ハラちゃん at 2009年11月29日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75450879

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。