2008年01月03日

ブンロクかっこいいよブンロク。(by ハラちゃん)

はい、どうも。東方見文録は金がたまったら買う予定だから、みんな買うんじゃないぞ、ハラちゃんです。
「フォーエバー買物くん」前編で文字数に対する自制心が働いたために、「東方見文録」に関する実際に見た感想をまだ書いていなかったので、ここで書きたいと思います。
この5800円という値段は、プレミアがついているゲームとしてはまあまあな値段だと思います。「買う人を著しく限定する」と評されるパッケージも実際に見たところ、腰抜かして元国に行くのを断念せざるを得ないほどのインパクトが確かにありました。私だったら絶対に買いませんが、確実にパッケージがトラウマとして一生頭の中に残ることでしょう。
さて、今回は「フォーエバー買物くん 〜グッバイもう二度と君の事は取り上げたりとかしないよスペシャル〜」後編。
鹿児島市の産業道路沿いにある、黒っぽい色が目印のリサイクルショップであるところの、「買物くん」の紹介を続けていきたいと思います。

次に見に行ったのはCDコーナー。ホルモンとか無いかなーと見て回りましたが、普通にありませんでした。そして未だに売れ残る「マツケンサンバ2」DVD付1380円。何かマツケンを見た瞬間しょんぼりとしてしまったので、前回紹介したときにはなかった本コーナーに進みたいと思います。1380円じゃ絶対売れない。せめて半値。
本コーナーは、人気の作品とそれ以外の作品の棚をわけ、人気な作品は200円や300円というやや高値、それ以外の作品は1冊100円10冊500円という格安な値段で売る、という形式をとっています。ちなみに、小説などの文庫本は見当たらなかった(探しもれの可能性高し)ので、ラインナップはほとんど漫画のみ、なんだだと思います。
とはいっても、人気な作品の基準も曖昧で、「ラブやん」という異様にコメントしづらい漫画が人気作品とされておりながら、普通に一般的に有名な漫画が100円棚に置かれているという状況も発生していました。いや、ラブやん大好きですけども、周りの棚に他誌のキラータイトルが並ぶ中、一際鈍く輝いていたのが印象に残りました。
100円棚は、過去の名作や過去の打ち切り漫画がゴッタ煮となってちょっとカオスになっている棚で、前述したとおり「1冊100円10冊500円」という安さなので、「どれを買おうかなー」とついつい迷ってしまう仕様となっています。
そしてさらに言うと、「俺は今、寄生獣が読みたい気分だ!寄生獣どこだウオオオオオ!!!」という感じで特定の作品を探そうとすると、ますます迷ってしまうことになる仕様にもなっています。
・・・というのも、陳列の法則性がかなりあやふやで、「作者名で並んでいるのか」と思いきや「わ」行から「あ」行にまた戻ったり、「何となく作品名で並んでいるような気がするなあ」と思っていたらあっさりと裏切られたり、といわゆるツンデレチックな陳列模様を3分ぐらい眺めるだけで見ることが出来ます。同じ漫画が集められているところだけが救いです。
少年誌は比較的まとまっており探すのにそんなに苦労はしないのですが、問題は青年誌コーナーで、一応小学館!集英社!講談社!というメジャーな少年漫画雑誌を抱えている会社は大丈夫なのですが、少年画報社などの青年誌での活躍が印象的な会社などは会社別に本が陳列されてすらおらず、さらに作者名でも並んでいないために本を1冊探すだけで小1時間はかかってしまうのではないか、という印象を持ちました。というか、かかりました。結局目的のブツはありませんでした。
「安くしてやっから陳列しねえぞ」という、いわゆるドンキホーテっぽい戦略なのでしょうが、鹿児島県人はアレに全く免疫力が無いのでやめておいた方がいいと思います。私が耐えられませんでした。
とはいっても、暇なときに眺めて興味がある漫画を探したりするのには最適。いかんせん法則性があやふやなので擬似ランダムで様々な作品をめぐることが出来ますしネ!ナイスポジティブ!
というか、鹿児島県に住んでいらっしゃって、買物くんの本コーナーの陳列の法則性を見つけた方はぜひとも教えてください。私は時間が無いので法則性を見つけ出すことは出来ませんでしたが、たぶん1ヶ月くらいずっと通いつめれば何か見えるものがあると思います。きっと。

そしてその本コーナーの近くにあるのが「ゲームコーナー」という名のパチスロコーナー。親子で技法の伝授を行っている(悪影響です)光景をよく見る場所ですが、噂に聞いたところ、あそこは高設定で勝ちやすい上に、勝ったら店で使えるサービス券がもらえるのでボロもうけできるらしいのです。本当なのでしょうか。
たぶん、酒飲みの場での武勇伝ばりに信頼性にかける情報ではありますが、虚言癖ながらパチスロが得意な友人が「今トータルで3万は勝った」などと自慢しているところを見ると、結構おいしい話だと思うのですがいかがでしょうか本当でしょうか嘘だったら泣くぞこんちきしょう!(←騙されやすいタイプ)個人的には、「負けの記憶が飛んでいるだけで実際は10万くらい負けている」と見ています。

服と釣り具とDVDのコーナーにつきましては、完全に守備範囲外ですので省略させていただきます。見てないし。
と言う感じで、非常に買物くんは価格は微妙に高いけれども、他のリサイクルショップにはなかなか置いていないレアな一品が多い、でも探すのが面倒くさい素晴らしいリサイクルショップなので、「暇だなー、もうほんと暇だー」、なんて時にチョコイと行って、おもむろに「ハイレグファンタジー」や「東方見文録」、50万のシャア専用ザクフィギュアなどを購入してみてはいかがでしょうか。あ、東方見文録はやっぱ私が買う。


banner2.gif

ブログランキングです。

本サイトをお気に入りになりましたら、クリックをお願いします。




posted by BAA at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。